更新情報

タッキー似の大学生の家庭教師を好きになって自分から抱きついちゃった

タッキー似の大学生の家庭教師を好きになって自分から抱きついちゃった

私は高校の2年と3年の時に大学生の先生に

家庭教師として来てもらっていました

その先生は私より4歳上で私が高校2年の時は大学3年生、

私が高校3年生の時は大学4年生でした。

就活で忙しい時も、きちんとうちに来て、授業をしてくれ

どんなに疲れていても嫌な顔ひとつ見せず、

丁寧に優しく教えてくれていました。

声のよく通る人で、教え方も上手で私はおかげで

随分と成績も上がり、無事、志望校の大学にも入れました。

でも、ここまで頑張れたのは、

その先生のことがすごく好きだったからです。

顔立ちはタッキーに似ていて

いつもにこやかで、私はこの先生が家庭教師になってくれて、

すぐに好きになってしまったんです。

週に3回、丸2年間、教えに来てもらったわけですから、

好きを超えて、いつの間にか恋に落ちてしまっていたんです。

大人の関係になったのは、私が高校3年になったばかりの時で

4月生まれの私が18歳になったばかりの時でした。

うちは、一人娘ですから兄弟はいません。

父親は海外出張中で留守でしたし、

母親も正社員で働いているので、帰りが遅い時があります。

その日も母親は帰りが遅かった日でした。

金曜日の夜でした。

授業を終わって、先生が「じゃ、今日はここまでね」

と引き上げようとした時、私は何も言わず先生に抱きつきました。

もう私は我慢ができなかったんです。

いつも先生が帰った後は寂しくて切ない思いばかりしていました。

だから、その時は思い切って自分の方から告白しようと決めていたんです。

でも、言葉より先にそんな行動に出てしまったんです。

「先生のこと、大好き・・・!」

先生に抱きつきながら私は言ってしまいました。

先生も私の体を抱擁してくれ、

「俺も好きだよ」と言ってくれました。

私は学校の制服姿のままでしたが、そのままベッドに二人で倒れ込み

先生は私にキスしてきました。

私は中高一貫の女子校で、男の人とこんなことになるのは初めてでした。

でも想像の中ではいつも、先生とのこんな姿を夢みてたんです。

先生の舌が私の舌にからんできた時、うっとりしてしまいました。

そして先生は私のブラウスを脱がせ、

リボンも取ってくれ、器用にブラのホックも外してくれました。

バストを揉まれると、すごく気持ち良くて、声が出てしまいました。

自分でする時よりはるかに気持ちいいと思いました。

私は小学校の4年生の頃からオナニーをしていますが、

先生と知り合ってからは、いつも先生のことを

思い浮かべながらしていたんです。

制服のスカートはかなりのミニなので、

先生の手がパンティにかかるのは容易だったと思います。

紺のハイソも脱がせてくれ、スカートも脱がされ、

パンティ1枚でパンティの上から愛撫された時は、

もう愛液が噴きだしていたと思います。

自分でする時もすごくよく濡れるという自覚はありましたから、

かなり恥ずかしかったです。

しばらくパンティの上から愛撫してくれていましたが、

そのパンティも脱がせてくれ、思いきり股を拡げられ、

私の一番恥ずかしいところを舐めまわしてくれました。

まだお風呂も入ってなくて、汚れてたかもしれませんし

くさくないかという心配もあり、恥ずかしくて顔から火が出る思いでした。

女性用アダルトグッズ

舌でお手伝い

本物そっくりの形や質感!
やわらかいリアルな感触が本当にクンニされているみたいと評判です


そしてついに先生が私の中に入ってきました。

「痛いっ!」

その時は、とにかく痛みしか感じませんでした。

私は泣きそうになりながら、痛みで顔をゆがめていたと思いますが

先生の背中に腕を回して抱きついたまま、

先生のなすがままにまかせるしかありませんでした。

その間、随分、長く感じましたが、

先生は私のお腹の上に生暖かい液体を発射しました。

先生もこんな展開になるとは思ってもいなかったでしょうから、

避妊具なんて持ち合せているはずもなく、外に出してくれたわけです。

先生が拭いてくれたティッシュには血がついていました。

それ以来、母の帰宅の遅い日の授業の時は、

セックスをするようになりました。

先生はもう社会人となり、私も大学生になっていますが、

今は恋人として付き合っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加